テーマから探す:コールセンタースタッフの能力を強化

コミュニケーション能力を高め、マニュアル以上の成果を

電話応対は、表情や動作が相手に伝わらないため、コミュニケーションとしては難しい。
コールセンター業務においては、マニュアルが整備されている為、応対は平準化され、伝えなければならない内容は網羅されていると思いますが、より一層の顧客満足度向上を目指し、現状把握とその改善の取り組みが求められています。

コールセンタースタッフ自身が、電話応対時における自己の利点、弱点を知り、改善策について考える。
また、お客様の声や話し方から、お客様のタイプを推測、タイプに合わせた話しの進め方や、
発声法、表現のテクニック、言葉遣いのポイントなど、コミュニケーションに特化した内容で体系的なトレーニングをご提供致します。

このテーマに関連するサービス

教育研修サービス 

ビジネスマナー

電話応対研修

電話の特性から受け方、かけ方の基本、メモの取り方、企業に合わせたQ&A集を作成し、機転の利いた応対等をロールプレイングを中心にCSレベルの高い電話応対を習得する。

人材プロデュース

OJTインストラクター

ザ・アールでは“人材総合プロデュース(企業のニーズに合わせた人材・組織・システム構築・代行)”と教育研修のノウハウを統合して、業界向けのモデル人材となりうるOJTインストラクターサービス(パート・アルバイトの即戦力化研修インストラクター)を提案しています。
OJTインストラクターサービスの導入に併せて、サービスソフト全般のリニューアルや、創業の原点にこだわった接客への改善などのCS(顧客満足)の高い職場作りにも貢献します。

詳細はこちら

診断・検証

サービスレベル実態調査(CSアッププログラム を訴求)

顧客へのサービスレベルの現状把握を目的として、各企業に合わせたチェック項目を作成し、ザ・アールのリサーチャーが一人の顧客として対象店舗等を訪問します。リサーチャーは専門教育を受けており、評価の視点や気づきのポイントを統一していることから、客観的な評価が行えます。また数値評価以上にコメントによる評価を重視し、レポートという形でフィードバックします。

このサービスについてのお問い合わせはこちらから

お問い合せ



このページのトップへ

Copyright©2008,The R Co.,Ltd.All Rights Reserved.